野球肘の治療

野球肘って何ですか??

 

まずはじめに、野球肘と何のことかを説明しておきます。

 

 

野球肘というのは、肘の内側に発生する、
痛みの通称のことを言います。

 

正式には上腕骨内側上顆炎という名称で、
こちらが正式名称になります。

 

でも、この長い名前を覚えることは難しいですし、
患者さんに説明するのにも難しいですから、
いつの頃からか、野球肘と呼ばれています。

 

ゴルフ肘や水泳肘など、
別名で呼ばれることも多いです。

 

 

「野球で発生することが多い」という理由で、
この名称が付けられているに過ぎません。

 

ですから、主婦の方の肘の痛みでも、
サラリーマンの方の肘の痛みであっても、
肘の内側に発生すれば野球肘となります。

 

ただの総称であるということを、
覚えておいて欲しいですね。

 

 

野球肘の原因

 

野球肘が発生する原因は、
前腕の筋肉が引っ張ってしまうことです。

 

前腕の筋肉の中でも、指や手首を曲げる筋肉は、
肘の内側部分にくっつくんですね。

 

前腕に負担が入るほどに、
肘の内側にも負担が入るようになります。

 

強い症状が出ている患者さんほど、
前腕がパンパンになっていて、
強烈なダメージが蓄積していることが多いです。

 

 

直接、肘に痛みが発生していることもありますが、
基本的には、前腕の筋肉が関係しています。

 

肘と前腕の両方を治療しない限り、
野球肘が改善されることは無いですね。

 

 

野球肘の注意点について

 

野球肘は、痛みは肘に出ていますが、
気づかないうちに症状が拡散しています。

 

気づいていない方も多いのですが、
肩や首にダメージが広がっていったり、
背中に負担が入ることも多いです。

 

野球肘が、症状を引越すだけでなく、
他の箇所の痛みの原因になってしまうんですね。

 

野球肘が存在することが、
他の部分の怪我につながるんです。

 

 

だから、肘の痛みが出てしまっている場合に、
そのまま放置し続けてしまうと、
強烈なダメージが拡散していきます。

 

これはとても重要な部分ですから、
覚えておいてくださいね。

 

放置し続けていると、
びっくりするような症状が出てきて、
痛みが強くなってしまうのでご注意ください。

 

 

野球肘を改善するには??

 

野球肘は、肘の痛みの通称ですが、
決して肘だけに原因があるわけではありません。

 

全身の筋肉や関節がボロボロになっていて、
全身の組織がボロボロになっています。

 

だからボロボロになっている部分を、
直接的に修復していかなければ、
痛みが出続けるようになってしまいます。

 

全身の症状が、
肘の痛みに集まっている、
そんなイメージになりますね。

 

全身の傷を修復する治療だったり、
サプリメント等の栄養素も重要になります。

 

しっかりと栄養素を補給することで、
傷を修復する材料として使われるので、
間違いなくおすすめになりますね。

 

 

他にも多くの情報を当サイトでまとめます。

 

お役に立つことができれば幸いです。

 

野球肘でお困りの方へ